本文へスキップ

傾聴ボランティアあゆみに所属する
会員さん向けの情報です



お知らせ傾聴ボランティアグループ あゆみ


傾聴ボランティア活動(社会貢献事業)

さいたま市シルバー人材センターは、平成18年(2006年)より「お話し相手を求める高齢者や障がい者等のお話し相手をし、話しをすることでより元気になっていただく活動(心のケア、介護予防支援)」を行っています。
 傾聴ボランティア養成講座(40時間、毎年6~7月頃開催)を受講したシルバー会員でボランティア集団「傾聴
(あゆみ)」を構成し、市内の施設(47施設)及び個人宅(70)を月回程度訪問しています。
 私達会員も、地域や住民とのつながりやふれあいを大切にし、活動を通していろいろな人生経験や人生観を知ることができ、元気と勇気もいただいています。



傾聴ボランティアグループあゆみからのお知らせ
(令和3年12月24日更新)
 12月は、「師走」と言って「師匠も走る慌ただしい」という通説がありますが、 最近の一番有力な説は、万葉集に出てくる漢字で「十二月」と書いて、「しはす」と 読み、「し」は「終い(しまい)」や「為す(なす)」の意味、「はす」は「果たす」 を意味し、「し果たす」で「しはす」という意味ということです。つまり、1年の最後の12月に、「為すべきことを果たす」の意味になります。
  来る新年は、寅年。「虎は千里往って千里還る」という諺があり、「活力に 満ちた、行動力のあるさま」などを表す言い回しです。
来年は、傾聴活動も「虎」に因んで行動力を発揮できる年でありたい!


〇 傾聴
あゆみの現活動状況(11月更新とほぼ同じ)
 
コロナ感染状況は大幅に改善しつつありますが、まだ訪問活動の全開は見込めていません。
・施設訪問
 施設がまだ感染再拡大(クラスター等)について非常に警戒的であり、入所者家族の面会を受け入れ始めた状況です。
・個人宅訪問
 コロナ禍での「自粛」「巣ごもり」などの影響で独居高齢者などを中心にいろいろな疲弊が報じられる中、社協、包括支援センターなどの福祉関係者からの在宅傾聴への利用要請は急に増えております。傾聴
あゆみ活動として、高齢者などへの心のケアや見守り的な要素を踏まえて新しい利用希望者には積極的に対応していきます。
・会議、勉強・交流会類
 浦和、大宮は毎月定期的に情報交換・交流会は各地区事務所 で行っています。岩槻及び与野も不定期ながら開催しています。
 詳細は、地区リーダー・サブリーダー、又は事務局に確認してください。

〇 新年交流・研修会(兼 市社会福祉大会受賞祝い)(案内)
1月29日(土)13:30~16:00、浦和ふれあい館で開催予定
 お祝い式典、健康体操、クイズ形式での傾聴スキルアップ、おもしろ生活クイズ、手話ダンス(受賞祝い)の披露などを予定し、会員皆さんと新年及び受賞をお祝いしたいと考えています。
  会費:300円(飲料・お菓子類用) 当日徴収
  申込:事務局まで、1月17日(月)までに
(注)12月発行の「あゆみ通信」で報告の通り、令和3年度の市社会福祉協議会 「社会福祉協助賞」を受賞することが決定し、1月25日(火)市民会館おおみやで、授賞式が予定されています。


〇 傾聴活動への情報交換・交流会 (案内)

 従来の浦和勉強会、大宮勉強会などを更に発展させた形で、傾聴訪問活動へつ ながる情報交換・交流会を毎月開催しています。
・岩槻地区 12月 休み、1月11日(火)午後 研修「終活のすすめ」岩槻事務所
・浦和地区 12月9日(木) 近況報告他、1月13日(木)午前 浦和事務所
・大宮地区 12月18日(土) 研修「口腔ケア」、1月15日(土)午前、大宮事務所
・与野地区 2月18日(金)午後「認知症サポーター養成講座」与野事務所
  会員の皆さん、こんな時期こそ積極的に参加してください。詳細については、地区リーダー・サブリーダーに確認ください。

〇 近隣市傾聴ボランティア団体との交流会 (報告)
 12月14日(火)(半日)、鶴ヶ島市、坂戸市の傾聴ボランティア団体の「つる」及び「ダンボ」との定例交流・情報交換会を鶴ヶ島市役所・会議室で行いました。
 傾聴あゆみから5名(地区役員、事務局)、鶴ヶ島市から4名、坂戸市から3名 の計12名が参加し、各団体の活動報告と質疑応答、参加者各人の活動の動機・ 活動上の問題・疑問点などについての話し合い、ゲームでの「おもしろ絵トーク」 など、楽しく、有意義な交流会となりました。

〇 浦和地区会議 (報告)
 
12月20日(月)午後、浦和事務所で開催。29名の会員(新会員2名含む)参加。
 武藤代表(兼浦和地区リーダー)のあいさつ、事務局(太田)からの連絡・報告のあと、11月逝去の故高梨隆治氏の遺影に向けて黙禱、グループに分かれて、自己紹介・近況報告・話し合いなどが行われました。
 1年ぶりに会議に出席し、他の会員との久々顔合わせという会員もあり、「同窓会」の雰囲気の場面もありました。「同じ志を持つ仲間はいつまでもいいね!」



〇 傾聴あゆみの新仲間に
 今年度の「傾聴ボランティア養成講座」修了し、傾聴あゆみに入会希望者26名 のうち、13名が12月に入会、あとの13名も1月(シルバー人材センター入会 確認後)に傾聴あゆみの仲間になります。
 新会員の数名は、すでに各地区の情報交換・交流会や浦和地区会議などに参加 して、新旧会員を問わず交流を深め、活動への情報を意欲的に取り入れています。
 新会員をあたたかく迎えて下さい。また新しい出会いが始まります。 傾聴ボランティア活動を通して楽しい仲間を一層広げましょう!

〇 手話ダンス「傾聴あゆみ・アイリス」 (案内)

 手話ダンス傾聴あゆみ・アイリス(会員約30名、あゆみ新会員も多数参加)は、毎月1回(原則、第4土曜日午前)、手話ダンスの練習を開催しています。
連絡先:大宮地区・柿澤和江会員、小林一夫会員、細井裕子会員(電話・会員表参照)
  1月の練習予定は、新年交流会での出演予定もあり、練習3日を予定しています。 1月17日(月)午後、19日(水)午後、22日(土)午前 の3日、大宮事務所(憩いの家)
 「アイリス」会員の皆さん(最近参加の新会員も含め)、是非参加して下さい。

〇 新年2022年(令和4年)も 「限られた人生、心身の健康に気をつけ、日々楽しく、有意義な生活!」です。







問合せ 〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-213-1
さいたま市シルバー人材センター本部事務所
電 話 048-669-0303
FAX 048-669-0305