本文へスキップ

傾聴ボランティアあゆみに所属する
会員さん向けの情報です



お知らせ傾聴ボランティアグループ あゆみ


傾聴ボランティア活動(社会貢献事業)

さいたま市シルバー人材センターは、平成18年(2006年)より「お話し相手を求める高齢者や障がい者等のお話し相手をし、話しをすることでより元気になっていただく活動(心のケア、介護予防支援)」を行っています。
 傾聴ボランティア養成講座(40時間、毎年6~7月頃開催)を受講したシルバー会員でボランティア集団「傾聴
(あゆみ)」を構成し、市内の施設(47施設)及び個人宅(70)を月回程度訪問しています。
 私達会員も、地域や住民とのつながりやふれあいを大切にし、活動を通していろいろな人生経験や人生観を知ることができ、元気と勇気もいただいています。



傾聴ボランティアグループあゆみからのお知らせ
(令和3年3月24日更新)

 桜の季節、平安の歌人・在原業平の有名な和歌を思う。
「世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし」
 毎年3月になると、今年の桜の開花はいつになるか気になり、気持ちも高揚してくる人は多いのではないでしょうか。
 しかし、今年は残念ながら、依然コロナ禍で率直に楽しめない状況ですが、近くの公園等に出かけて自然と触れ合ってください。


〇 「緊急事態宣言」の解除に伴い
 
3月21日、延長されていた「緊急事態宣言」が解除されました。
 今後も節度のある「自粛」に心がけ、従来の「日常生活(活動)」を取り戻すべく努めてください。
 現在、訪問施設について、施設側の現況及び今後の見通しを確認しておりますが、昨年の感染第2波、3波の教訓からすぐに再開の可能性は少ない様子です。
 個人宅訪問は、ご利用者や紹介のケアマネジャーなどの要望も強く、1月の「宣言」前の状態に戻すべく、ご利用者及び会員の方との確認を急いでいます。
 
また、コロナ禍での病弊した高齢者などの精神ケア対応として、市行政を始め、社協、包括支援センター、介護支援事業所からの新規利用申請や問合せも増えてきており、出来るだけ可能な範囲で対応(一部電話も絡め)していく所存です。

〇 訪問施設より応援メッセージへのお礼
 コロナ禍で感染防止及び介護対応に大変苦心奮闘されている、我々の訪問高齢者施設(47施設)に、応援メッセージを送ったことは以前報告した通りです。
 その後、数施設からもお礼の連絡が増え、合計10数施設から「勇気と元気をいただきました。コロナ感染が早期に収まることを祈り、再開を楽しみにしています」旨の文書及び電話をいただきました。

〇 令和2年度地区会議開催
 2月15日(月) 浦和 (シルバー浦和事務所) - 4月8日(木)午後に延期
 3月15日(月) 岩槻 (岩槻本丸公民館) 地区会議は中止
 但し、シルバー岩槻事務所で地区、施設役員会議を開催。11名参加し、今後の活動の進め方について意見交換を行い、当面(施設訪問が期待できない間)、4月から訪問施設単位で2グループに分かれて、月1回(計2回)会員間の交流を岩槻事務所で行うことに決めました。新会員2名にも声掛けします。

〇 傾聴ボランティア養成講座
 
12月22日(火)スタートした8日間の傾聴ボランティア養成講座は、3月19日(金)に最後の講座が終わり、26名が修了しました。
 18名が新規シルバーに入会(16名2月、2名(1人増)4月入会)、既にシルバー会員の7名も合せて、計25名(1人増)が4月より傾聴あゆみの仲間になります。


〇 来年度・役員会議
 
4月19日(月)午後、高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)で開催予定
 但し、役員の方々への案内の通り、「3密」対策から出席者を縛らせていただくことになります。詳細は案内状を参照してください。

〇 来年度・全体会議(上期)
 
5月17日(月)午後、高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)で開催予定
 案内状でご連絡の通り、出席申込みが多い場合、時間帯を分けて(A及びB)開催します。詳細は案内状を参照してください。

〇 新型コロナウィルスについて
 
新型コロナウィルス感染について、むやみに怖がることなく、また慢心することなく、正しく理解して「日々の生活」を大切にしましょう!
 既存のインフルエンザ同様に、新型コロナ感染が完全に収まったわけでもなく、未だにいろいろな「自粛」や「制約」の要請がされている状況にあります。
(以前配布の「新型コロナ感染、正しく恐れる」参照)
「ワクチン」接種は始まりましたが、一般市民への接種はまだ先ですし、接種を希望しない人もいます。「ワクチン」の機能は、ウィルスを弱毒化、無毒化し、体内にある「免疫ウィルス」に働きかけて「免疫力」高めるという予防薬です。
 「ワクチン」接種すると、体内の「抗原提示細胞」がワクチンを吸収し、体内の免疫を司る「免疫細胞」を活性化させ、侵入する「ウィルス」への迎撃態勢を整えるものです。「ウィルス」を殺したり、増殖を抑えるものでもなく、新型コロナ感染への可能性を下げる効果を期待するものですが、万能ではなりません。
「限られた人生、心身の健康に気をつけ、一日々々楽しく、有意義に生活!」


問合せ 〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-213-1
さいたま市シルバー人材センター本部事務所
電 話 048-669-0303
FAX 048-669-0305