本文へスキップ

傾聴ボランティアあゆみに所属する
会員さん向けの情報です



お知らせ傾聴ボランティアグループ あゆみ


傾聴ボランティア活動(社会貢献事業)

さいたま市シルバー人材センターは、平成18年(2006年)より「お話し相手を求める高齢者や障がい者等のお話し相手をし、話しをすることでより元気になっていただく活動(心のケア、介護予防支援)」を行っています。
 傾聴ボランティア養成講座(40時間、毎年6~7月頃開催)を受講したシルバー会員でボランティア集団「傾聴
(あゆみ)」を構成し、市内の施設(47施設)及び個人宅(70)を月回程度訪問しています。
 私達会員も、地域や住民とのつながりやふれあいを大切にし、活動を通していろいろな人生経験や人生観を知ることができ、元気と勇気もいただいています。



傾聴ボランティアグループあゆみからのお知らせ
(令和3年9月15日公開)
「秋」と言えば、防災の日、台風、お月見・十五夜、すすき、コスモス、菊、紅葉、虫の音、秋刀魚、秋分の日、敬老の日・シルバーウィークなどが思い浮かび、話題の多い、思わずワクワクしてしまう季節です。 オリンピック、パラリンピックという大きな国際スポーツ大会も終わり、静かに季節感を味わいたいとの思いは、例年になく感じる今日この頃です。 コロナ騒動も、ワクチン接種が進み、住民の感染防止への警戒感も日常化するなかで静かに収まっていくことを念じつつ、早く従来の「秋の季節感・生活」を取り戻していけることを願っています。
「限られた人生、心身の健康に気をつけ、日々楽しく、有意義な生活!」


〇 緊急事態宣言下の活動
 
「緊急事態宣言」が、またも再延長されました。 傾聴あゆみの活動の対応について、
・施設訪問活動
 施設が原則外来者を受け入れていないこともあり、中止です。 ただし、一部施設側とは再開に向けた方策を話し合っています。
・個人宅訪問
 大半の会員及びご利用者がワクチン接種を終え、また活動の社会的意義(高齢者などへの心のケアラー、見守り的な要素)も踏まえ、訪問活動(新規利用者も含め)は継続して対応しています。なお、昨年6月配布の「コロナ 対策ガイドライン」を守り、電話傾聴、短時間訪問など適宜織り交ぜて実施。
・会議、勉強会、交流会など
 9月は原則中止します。

〇 全体会議(令和3年度後期)
 「
あゆみ通信」(9月号)でご案内した通り、10月18日(月)予定した「第38回 全体会議」を中止します。コロナ禍で、活動が限定されており、改めて報告、討議される議題が少ないことや、6月と9月発行の「あゆみ通信」や毎月更新のホームページで最新の活動情報をお伝えしています。
 代わりに、多くの会員が集まり、語りあえる場として「縁遊会」を予定します。

〇 「秋の縁遊会(えんゆうかい)」開催予定

 9月の定期連絡(郵便)でもご案内している通り、次の通り開催します。
日時:10月18日(月)14:00~16:00
会場:高齢者生きがい活動センター(シルバー大宮事務所)
目的:傾聴
あゆみ会員のつながりや縁を今後も大切にし、顔を合わせ、
   会話を楽しむ中で、気持ちや生活感を共有し、活動への思い・
   頑張りを確認する
内容:健康体操(リズム体操、グー・チョキ・パー体操)
   グループ対抗クイズ(生活面白クイズ、脳トレクイズ他)
   物忘れチェック、共感力テスト 等
募集:約35名(コロナ感染対策 及び 会場の都合上)
申込:参加希望者は、10月5日(火)までに事務局まで連絡要。

〇 大宮地区会議
 「緊急事態宣言」の9月30日まで延長に伴い、9月29日(水)高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)で開催予定していた「傾聴
あゆみ・大宮地区会議」を中止します。
 今後の開催については、地区リーダー他関係者と相談及び活動日程を調整した上で、後日連絡します。

〇 会員交流 及び 傾聴訪問模擬体験会
 新会員を中心として地区役員との交流を兼ねた傾聴訪問模擬体験会が5月末より順次、各地区単位で実施してきました。今後は対象を全会員に広げて各地区単位での訪問体験会を実施していくことを検討しています。
  詳細の内容については、今後地区リーダー及びサブリーダーから連絡します。

〇 傾聴ボランティア養成講座開催(受講者募集)
 
9月の市報及び会員ニュース(シルバー会員向け)に案内の通り、次の通り「傾聴ボランティア養成講座」を開催予定しており、現在受講者の応募を受付中です。
期日:10月25日(月)、29日(金)、11月4日(木)、8日(月)、12日(金)、
    16日(火)、22日(月)、29日(月)
会場:高齢者生きがい活動センター(シルバー大宮事務所)
会員皆さんの友人、知人などで、ボランティア・社会活動や高齢者福祉などに 関心のある方に受講を勧めてください。また、推薦してください。

〇 個人宅関係者の集い
 7月30日(金)14:00~16:00 浦和ふれあい館で30名参加して開催。
 施設訪問と違い、活動仲間同士の交流が少ない個人宅訪問関係会員が一同に集い、 活動状況、活動の体験談などの情報交換を行いました。
  出席者から色々な体験の紹介があり。10年間同じ利用者へ訪問した際の色々 な出来事、目の見えない利用者や難聴利用者への傾聴、認知症利用者への工夫し た対応、シルバーの就業(家事支援)後の傾聴、利用者の傾聴以外のいろいろな依 頼への戸惑いや対応など。
 また数年以上続けて同じ利用者を訪問している会員も多く、出席者からは大変感銘を受ける集いで、今後の活動の参考になるとの意見がありました。

〇 手話ダンスの会 (名称、「傾聴
あゆみ・アイリス」)
 
傾聴あゆみ会員内の親睦グループ、手話ダンスの会(「アイリス」)では、毎月1回 (原則、第4土曜日午前)、手話ダンスの練習を、外部の先生を招いて開催しています。
  現在、会員は20数名(男子会員は3名と少ない)。興味・関心にある方は、大宮地区の柿澤和江会員、小林一夫会員、細井裕子会員へ連絡をしてください。
練習予定 9月25日(土) 9:30~11:30
      桜木公民館(大宮駅) 6階・レクリエーションホール

〇 傾聴あゆみ・シンボルマーク (決定)
  「あゆみ通信」(9月)で案内の通り、傾聴あゆみの活動を多くの地域住民の方に知っ てもらい、活動を気楽に利用してもらうために、誰にでも親しまれるよう願いも込めて シンボルマークを作成しました。
  丹野君枝会員(浦和)の応募原案をベースにし、一部調整・改変したものです。
「やさしい・暖かい心(ハート)のもとに、のびゆく幸せ(四つ葉クローバー)」を表現。
 今後、傾聴
あゆみの発行文書や看板・表示、名札、名刺などに使用していきます。







問合せ 〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-213-1
さいたま市シルバー人材センター本部事務所
電 話 048-669-0303
FAX 048-669-0305