本文へスキップ

傾聴ボランティアあゆみに所属する
会員さん向けの情報です



お知らせ傾聴ボランティアグループ あゆみ


傾聴ボランティア活動(社会貢献事業)

さいたま市シルバー人材センターは、平成18年(2006年)より「お話し相手を求める高齢者や障がい者等のお話し相手をし、話しをすることでより元気になっていただく活動(心のケア、介護予防支援)」を行っています。
 傾聴ボランティア養成講座(40時間、毎年6~7月頃開催)を受講したシルバー会員でボランティア集団「傾聴
(あゆみ)」を構成し、市内の施設(47施設)及び個人宅(70)を月回程度訪問しています。
 私達会員も、地域や住民とのつながりやふれあいを大切にし、活動を通していろいろな人生経験や人生観を知ることができ、元気と勇気もいただいています。



傾聴ボランティアグループあゆみからのお知らせ
(令和4年9月30日更新)
 次々に発生・発達する台風や線状降水帯による激しい風雨(豪雨)で全国各地に大変な被害、また値上げラッシュ(10月からの値上げ:食品だけで6500品目超)や数々の不安定な世界情勢などが続き、憂鬱なニュースのオンパレードです。
 そんな中でも、自分の生活を乱さないように、心身元気な生活が必要です。「夏バテ」ではなく、「秋バテ」という言葉を知っていますか?夏から秋にかけて変わる寒暖差の大きさで自律神経が乱れ(構成する交感神経と副交感神経系の切り替えができなくなる)、活動時とリラックス時の切り替えがうまくできなくなることで起こる現象です。意外と「秋バテ」も多いとか、気をつけましょう!
「限られた人生、心身の健康に気をつけ、日々楽しく、有意義な生活!」


〇 傾聴活動の現状
・訪問活動
:施設訪問の再開はまだ見通せませんが、個人宅訪問の依頼は依然増 えています。現在訪問件数は約30件。是非「在宅傾聴」活動に参加・協力をお 願いします。最近、高齢者(傾聴
あゆみ会員も含めて)のフレイル化(高齢に伴う 心身の老化現象)が急激に進んでおり、福祉関係者(社協、包括支援センター、居宅介護支援事業所など)からの「個人在宅傾聴」の期待は大です。
・交流・情報交換会類:施設訪問ができない中で、会員交流及びモチベーション 維持向上及び傾聴スキルアップの活動を重視した交換会を行っています。 傾聴活動や日頃の生活にも役立つ情報交換会になっています。浦和や大宮地区  (毎月定期)、岩槻地区(2ヵ月毎)及び与野地区(不定期)での交換会に積極的に 参加して、心身の健康に努めてください。      

〇 全体会議(後期)開催 (案内)
  9月の定期通信(案内状)でもご連絡の通り、「第40回全体会議」を開催します。
  10月17日(月)14:00~ 高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)
  コロナ禍で活動は限定されていますが、活動実績・計画の確認、役員の一部交代・ 確認などが議題。地域、世代、特定活動グループを超えた会員の交流・意見交換の場です。久々の交流・顔合わせの場になる方もいます。参加下さい。

〇 会員交流兼スキルアップ講習会の開催 (案内)
 11月17日(木)10:00~15:00
 高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)
 7月のスキルアップ講座でも傾聴スキルの低下が指摘されました。今回は、中堅以上の会員の経験・指導のもとに、傾聴の基本を再確認し、会員同士で指摘合いながら改めて学び場とします。また楽しく学ぶ機会として、昨年の「縁遊会」で好評であったおもしろ生活クイズでのバトル(グループ)を通して交流も予定しています。素敵な賞品も準備します。是非「秋のスポーツバトル」に参加下さい。

〇 傾聴ボランティア養成講座 (案内)
 今年度の傾聴ボランティア養成講座は、高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)で開催します。
日時:9月26日(月)、29日(木)、30日(金)、10月5日(水)、 6日(木)、20日(木)、24日(月)、26日(水)の8日間、各10:00~16:00
  講師は日本傾聴ボランティア協会 山田豊吉事務局長、41名の一般市民及び シルバー会員が参加予定です。詳しくは、次回のHPなどで報告します。

〇 施設「はるぱてお」で手話ダンス披露 (案内)
 施設より依頼され、傾聴あゆみアイリス(10名弱)は10月11日(火)14:00~15:00 、施設を訪問し、入居者及び職員関係者に手話ダンス(「ふるさと」等3曲)を披露します。 現在、施設では、対面傾聴は依然難しい状況ですが、対面ではないボランティア(体操 や合唱など)は少しずつ解禁の方向にあります。手話ダンス・アイリスによる、傾聴訪問再 開への前段階として、施設とのつながりを確認できることにもなると思います。

○ 与野地区会議開催 (報告)
 9月13日(火) 14:00~16:10 与野事務所で開催。26名もの多数会員が参加。
  地区・施設リーダーからの最近の活動報告、各会員の近況報告の他に、与野地区 としての「長寿応援シール」の手配の件、地区役員の一部交代について連絡などが ありました。最後に藤松地区SL指導による「じゃんけん体操」を参加者全員で行 い、久々の楽しい会議を締めくくりました。


〇 越谷傾聴ボランティアグループ来訪 (報告)
 越谷市の傾聴ボランティアグループ「ゆうゆう」役員2名が、9月12日(月)午後、本部事務所に来訪されました。会員は、現在20数名(コロナ前は約50名)。 コロナ禍で活動が難しい状況下、傾聴あゆみは個人宅訪問なども含め、どのように活動しているか等の関心があり、武藤代表と事務局・太田で対応して活動状況、 ボランティアに対する考え方、個人宅訪問のやり方など、資料を交えて紹介し、 良い交流・情報交換会になったと思います。



〇 各地の情報交換会 (報告・案内)
・岩槻地区
 9月8日 (木)午前 本丸公民館「認知症サポーター講座(声掛け編)」
 社協いわつき(職員3名)、元代表の高橋清会員の協力で実演演習で学ぶ。 次回は、11月2日(水)10:00~12:00岩槻事務所「今年度活動反省会」
・大宮地区
 9月16日(土)午前 大宮事務所 楽々講座「介護保険サービス」
 28名が参加。講師は事務局・太田。介護が必要となる要因、手続き、介護度、介護施設及び選び方などを学ぶ。介護は必ず「自分事」にあると参加者も真剣。
 次回は、10月15日(土)10:00~ 大宮事務所予定 「健康体操他」検討中
・浦和地区
 9月8日 (木)午前 浦和事務所 傾聴・事例演習他 19明参加
 10月は、13日(木)10:00~ 浦和事務所 社協みなみの協力で「介護として車イスでの移動体験や障がい者の服の着脱等」 多くの方参加ください。
 各地区の情報交換会は所属地区に関係なく、参加可。この時期こそ、積極的に 会員間の交流やいろいろな情報交換を求めて参加してください。
 尚、詳細は、 地区リーダー、サブリーダーに確認してください。


〇 手話ダンス「傾聴あゆみ・アイリス」 (案内)
 
手話ダンス傾聴あゆみ・アイリス(会員約30名、あゆみ新会員も多数参加)は、毎月1~2回(原則第4土曜日午前、他)、手話ダンスの練習を開催しています。
10月22日(土) 10:00~12:00 高齢者生きがい活動センター(大宮事務所) 予定
問合せ・連絡先:大宮地区・柿澤和江会員、細井裕子会員(電話は役員名簿等を参照 下さい)
 尚、10月は施設「はるぱてお」への訪問出演があり、特別練習日を開催します。
10月8日(土) 10:00~12:00 高齢者生きがい活動センター(大宮事務所)





問合せ 〒330-0801
さいたま市大宮区土手町1-213-1
さいたま市シルバー人材センター本部事務所
電 話 048-669-0303
FAX 048-669-0305